「寝る子は育つ」と言いますが、
子供の成長を促す成長ホルモンは、
分泌量は低下しているものの大人でも分泌されています。

 

この成長ホルモンが分泌されるのが主に睡眠中で、
一般的には夜10時から午前2時までの間をグッスリと眠れば分泌が盛んになります。

 

以前、テレビで黒柳徹子さんも、これを意識して夜10時には寝るようにしていると
言っていたことがありました。

このホルモンには日中に紫外線を浴びて傷ついた皮膚や運動などで傷ついた筋肉を修復したり、
疲労のもとを除去したり、免疫活動を高めたりと、
眠っている間に体をメンテナンスする働きがあり、
疲れて弱った体の回復を促してくれます。

 

成長ホルモンの分泌が悪くなると、
40代、50代には警告となるような次の症状が現れます。

・太り出す。
・疲労が蓄積する。
・かぜをひきやすくなる。
・食欲がなくなる。
・食の好みが変わる。
・皮膚が荒れる。
・筋肉痛が続く。

 

40代を境に、これらの症状が一つでも思い当たれば、老化が始まっているサインです。

一つでも出てくれば、次々に症状が現れるのは時間の問題で、
老化もどんどん早まっていきます。

 

老化防止のためにも、就寝時間を調整してはいかがでしょうか。

 

黒柳徹子さんを見ていると納得できる話です。

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。