これから年末にかけてお酒を飲む機会が
増えると思いますが飲みすぎにはくれぐれも注意してください。

 

とはいえ、ストレス発散でつい飲みすぎて
しまうこともあると思いますので、
今回は飲み過ぎによる体への影響と対応策をご紹介します。

 

 

アルコールを多くとると分解しきれなかった
アルコールが長時間体内に残ります。

 

アルコールが体内で分解される過程で
水分が使われるので体が脱水状態におちいります。

 

飲みすぎた翌朝、喉の渇きを感じるのはこのためです。

 

 

アルコールは一種の興奮剤ですので、体内に
残っている間は交感神経が刺激され続け、血管の収縮が長時間続きます。

 

血管の収縮が続くと血流が悪くなり、
そこに脱水も加わって血液の濃度が濃くなるので、血流はさらに悪くなります。

 

お酒を飲みすぎると二日酔いで頭が痛くなる
ことがありますが、あの頭痛は脳の血流不足が原因です。

 

 

他にもお酒を飲みすぎると、
気持ちが悪くなって吐いてしまうことが
ありますが、あれは消化器の動きが低下し、腸が麻痺して動かなくなるのが原因です。

 

 

アルコールによる頭痛や吐き気、脱水をある程度防ぐ方法があります。

 

それは、お酒を飲む時、いっしょに同量の水を飲むことです。

 

いっしょに水を飲むと脱水の程度も
軽くすむので、頭痛を防ぐことができます。

 

特に冷たい水を飲むと「胃結腸反射」を
誘発して腸が麻痺することを防ぎます。

胃結腸反射
食べ物などが胃の中にはいるとその刺激で
大腸や結腸が反射的に大きく蠕動(ぜんどう)して便を直腸に送り出そうとする働き。

 

ゆっくりでも腸が動いているので、吐き気も起こらなくなります。

 

お酒を飲んだ後のお風呂について

お酒を飲みすぎた後にお風呂に入ってはいけません。
脱水した状態でお風呂に入ると、
汗をかいて、さらに脱水が進んで血流が悪くなります。

 

この極端な血流の悪化が心筋梗塞を引き起こします。

 

特に熱いお湯に長く入っていると血流が一気に悪くなることは証明されています。

 

どうしても入りたいときは、最低でも
コップ2杯の水を飲み、40度以下のぬるま湯に
10分~15分程度だけ入るようにしてください。

 

年に数回のレベルなら問題ないと思いますが、
長期間のアルコールの過剰摂取は身を滅ぼします。

 

 

飲酒量の多い人は血管が詰まりやすく、
短命になる可能性が高いことは忘れないでください。

 

 

いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。