よく貧血になると「鉄分が足りない」と言われます。

鉄分は健康に欠かせない栄養分です。

体内の鉄分の約70%は赤血球の核として
体内に酸素を運ぶ働きをしていて、
血液にたくさん含まれているものです。

赤血球以外にも体の中で色々な働きをする
酵素の材料として使われます。

摂取してすぐに使用されない鉄分は、
肝臓や脾臓(ひぞう)骨髄、筋肉などに蓄えられています。

鉄分が不足することで代表的な症状が「鉄欠乏性貧血」です。

蓄えられた鉄分が無くなって、
赤血球の材料が不足することで引き起こります。

主には女性に現れ、男性に起こることはほぼありません。

それは女性の場合、月経で毎月血液を失うからです。

日本人女性の10%が鉄欠乏性貧血の症状で悩んでいるそうです。

 

鉄欠乏性貧血になると、
酸素供給量が不足になるため、
動悸や息切れ、だるさが生じ、
集中力や意欲が失われ、学習能力や作業効率が低下します。

また、鉄分が欠乏した際の独自の症状として
代表的なものに「氷食症」があります。

暑い日でもないのに、
氷をガリガリとかじりたくなる衝動に駆られたら鉄欠乏のサインです。

 

鉄分不足を補うには、
日頃から鉄分の多い食材を意識的に摂取することです。

具体的な食材はレバー、たまご、
アサリなどの貝類や
ほうれん草、ひじきなどの海藻類や豆類です。

これらを栄養が偏らないように、
バランスの取れた食事の中に取り入れていくことです。

 

気をつけなければいけないことは、
サプリメントなどで鉄分を多く摂りすぎてしまうことです。

鉄分を過剰にとるとガンになるリスクが高まることがわかっています。

健康のために飲んでいたのに、
逆効果になっていたら悲しいことですので、
できるかぎり鉄分は食事からとりましょう。

通常の食生活で鉄分過剰になることは
ほぼありません。

 

もし、貧血の症状が続く場合は
サプリメントを使用する前に、
まず医療機関に相談することが大切です。

 

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。