歳をとってくると体に筋力がなくなって、
20代の頃のようには動けなくなります。

それでも、今でもできると思いこみ、
チャレンジしてみると現実を思い知らされます。

そう、「あの頃の俺」は、いないのです。

筋肉の量は、マメに運動をしている人でも、歳をとると共に減少します。

腕の筋肉は歳をとっても、あまり減りませんが、
一番大きい太ももの筋肉は20代と比べると、
40代で10%、50代で20%、60代で30%減少すると言われています。

筋肉が減ると、細くなるイメージがありますが、
減った筋肉は脂肪に置き換わります。

これが体脂肪と呼ばれるものです。

筋肉量が多いと、体を動かしていないときでも、
呼吸をしたり、心臓を動かしたりしているだけでも基礎代謝量が多くなります。

※基礎代謝量・・・運動をせずに安静にした状態で消費されるエネルギー代謝の量

筋肉量が減ると基礎代謝量も減って、摂取エネルギーの方が、
消費エネルギー量を上回ってしまうため、
体脂肪がたまって、お腹に出てくるというわけです。

基礎代謝量は10代後半をピークに徐々に低下していきますので、
歳をとると太りやすくなるのは必然なことなのです。

しかし、ご存じの通り、
内臓の周辺にたまった体脂肪は生活習慣病の原因になり、
糖尿病や、動脈硬化、心臓病などが引き起こされやすくなります。

そうならないためにも、
40代が20代と同じように食べて、同じ活動をしていたとしても、
消費エネルギーは格段に低くいということを理解していないといけません。

基礎代謝量の差が中年太りを生み出しているのです。

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。