よく足のふくらはぎは「第2の心臓」と言われています。

 

それは生命活動の根幹となる心臓のポンプ
機能をサポートして、
心臓の負担を軽くする役割を持っているからです。

 

太ももとふくらはぎには、体の中で一番大きな筋肉があります。

 

ふくらはぎの部分の血管には、
逆流を防止する弁のようなものがあって、
筋肉の動きがポンプの働きをして、
血液を押し戻すようにできています。

 

したがって、心臓から最も遠い足の下に
降りていった血液が再び心臓に戻るには、
ふくらはぎの筋肉がしっかり収縮したり、たるむことが重要です。

 

動脈に比べて血液の圧力が低い静脈には、
体を循環している血液の半分くらいが
溜まっているといわれていますが、
心臓のポンプだけで静脈の血液を循環させ
ようとすると、心臓に非常に大きな負担がかかり、
心不全など健康に悪影響をおよぼす可能性が高くなります。

 

 

歩くことによっても筋肉が動き、
血流を押し戻してくれますが、
現代では座ったままの仕事が多かったり、
移動も電車やバス、車などで、歩くことが少なくなっています。

 

加えて、大きなストレスを抱えていると、
自覚症状がない場合でも、ふくらはぎがパンパンに張ってしまいます。

 

心当たりのある人は、意識的にふくらはぎをマッサージしましょう。

 

イスに座ったままでもいいので、
アキレス腱の部分から膝(ひざ)にかけて、
手で揉みほぐしてあげるだけでも血液循環が良くなります。

 

また、つま先とかかとの上げ下げを繰り返す
だけでも、ウォーキングと同様の効果で血行を良くします。

 

ぜひ、習慣にしてください。

 

 

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。