それまでラクラクはけていたズボンがきつくなったとか、
たった2kgだけなのに、増えた体重が戻らないという兆候があれば、
それは老化が始まっているという体からのサインです。

 

アメリカのマサチューセッツ工科大学の実験結果で、
通常カロリー量の6~7割のエサをマウスに与え続けたところ、
マウスの寿命が伸びるという結果がでています。

 

カロリーをセーブしたマウスは、もちろん肥満にはなっておらず、
毛並みのつやも良く、シワも少ないという結果でした。

カロリーをセーブしていない栄養十分のエサを与えられたマウスは、
反対に老化が著しかったのです。

それは寿命が伸びた要因は細胞内に存在する長寿遺伝子(Sir2遺伝子)の働きが、
活発になったからだそうです。

 

この長寿遺伝子は、人間の細胞内にも存在するので、
食事のカロリー量を減らすことで人間も寿命が伸びる可能性は高いそうです。

 

今はカロリー制限ダイエットより、糖質制限ダイエットが主流で、
「糖質」が注目を浴びていますが、
いつまでも若く、長生きする体をつくるには、
「カロリー量」は無視できないようです。

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。