僕の会社は、小売業なのですが、

5年ほど前、僕の直属の上司に言われたことがあります。

「これからは高齢化社会なんだから、葬儀屋を会社でやろう」

いつも突拍子もないことを言う人でしたが、

本当にいろいろとアイデアを出す人でした。

 

でも、結局その提案はかなうことはなく、

今はその上司も会社を退職しています。

 

人は、前例がないことをしようとするとき、

それによって、もたらされるメリットは、

デメリットと比べると過小評価します。

昨日と同じことを繰り返すことで、

「安心と安定」を求めるのです。

結局、無理に変化を推し進めようにする人は悪者になり、

自分たちの生活を脅かす存在と思われます。

 

言葉では「変わろう」と言っても、

実際に行動できる人は少ないです。

特に会社の上層部には多いです。

自分の責任になってしまうことが怖いのです。

 

でも、世の中は激しく変化しています。

特に携帯電話の世界は感じますね。

ガラケーも2017年には、生産が終了しますし

僕が買ったイーモバイルの携帯電話も、

1年ちょっとでヤフーのYモバイルに変わりました。

矢沢永吉でいっぱいCMをやっていたのに。

 

世の中の変化にうまく対応した者が生き残り、

対応できない者は衰退し、世の中から取り残され、

最終的に自分たちが大事にしていた「安心と安定」が奪われるのです。

そして、昔はよかったと語りだします。

 

ときどき思います。

あの時、葬儀屋をやっていたら、どうなっていただろうと。

 

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。