コレストロールと中性脂肪って同じようなイメージがありますが、
健康診断などの結果を見ると、きちんと項目でわかれています。

 

ではその違いとは何だか知っていますか?

 

両方とも脂質であることには変わりないですが、
コレストロールは細胞膜の原料で、
新陳代謝によって細胞が生まれ変わる時に欠かせない成分です。

また、体の機能を調整する女性ホルモンや男性ホルモンの材料でもあります。

 

中性脂肪はエネルギーの貯蔵の役割を担っていて、
仕事をしたり、運動をしたりするときは、
中性脂肪を燃やしてエネルギーを得ています。

車のガソリンのタンクといっしょですね。

 

その他にも皮下脂肪となって寒さや衝撃から体を守る働きもしてくれます。

 

コレストロールも中性脂肪も人間が生きていくためには、
なくてはならないものなのです。

 

生活習慣病の根源みたいに言われていますが、
少なすぎても健康にはよくありません。

 

しかし、現代は食糧が十分にありますので、
脂質が足りなくて健康を害するということはめったにありません。

脂質を過剰に摂取してしまうことがほとんどです。

 

 

脂質が増えすぎると、血中濃度が高くなって血液がドロドロになってしまいます。

そして動脈硬化が始まり、生活習慣病へ進行していきます。

 

 

食糧豊富な現代では自然に健康のバランスをとることは難しくなっています。

 

健康の自己管理が求められる時代なのです。

 


応援ありがとうございます。


いつも応援感謝いたします。