前回、阿藤快さんの死因から、動脈硬化の話をしましたが、

厚生労働省の動脈硬化性疾患を防ぐためのガイドラインでは

生活習慣改善の柱として次の4つがあげられています。

1)禁煙

2)食生活の是正

3)身体活動の増加

4)適正体重の維持と内臓脂肪の減少

どれも当たり前に言われていることですが、

悪い生活習慣の蓄積の先に大病が待っています。

命を落としたり、その後の長い人生を要介護で送ることにならないようにするためにも

気をつけるようにしましょう。

 

ところで、コーヒーは動脈硬化の予防が期待できるそうです。

コーヒーに含まれるポリフェノールが有効で、

日本動脈硬化学会では「コーヒーには動脈硬化を予防する善玉コレストロールを増加させる作用がある」と報告され、

2万人規模で長期にわたって健康状態と生活習慣や環境状態との関係を調査する研究では、

「コーヒーを飲む人は、飲まない人に比べて脳卒中を発生するリスクが29%低い」という結果がでています。

 

ただし、コーヒーで一日4~5杯分に相当するカフェインを飲むと

心臓病や脳卒中にかかるリスクが高まるという研究結果もでているので、

飲み過ぎには注意が必要です。

 

さらに、砂糖やミルクをコーヒーに入れれば糖分を摂り過ぎる心配があるので気をつけましょう。

1日ブラックを1~3杯が理想です。

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。