「冷えは万病のもと」とよく言われますが、
実際もっとも死亡率が高いのは気温が下がる冬です。

その中でも、冷え込みが厳しい午前3時から
5時台の死亡率がさらに高くなっています。

気温が下がって体が冷えると、
体に悪影響をおよぼし、人の命をもおびやかすのです。

 

その理由は体が冷えると血管が収縮して、
体のすみずみに血液が行き届かず、
人間の体に必要な栄養素や酸素、水、
白血球などの免疫物質の流れが滞ってしまうためです。

特に免疫機能の中心となる白血球は
「冷え」に弱く、体温が低い状態では
力を十分に発揮することができないため、
血液の循環が悪いところ、
冷えているところに病気が発症します。

 

体温は1度下がると基礎代謝が約12%落ち、
免疫力は30%落ちます。

また、36.5度時を健康とすると、
35.5度で排泄障害やアレルギーが出現し、
35.0度ではガン細胞が活性化します。

したがって、
冷え体質は病気になりやすくなるのです。

 

体の表面の温かさだけで、
冷えているかどうかの判断はできません。

冷え体質の確認方法はいろいろとありますが
平熱を測ってみるのが簡単です。

体温は午前3時から5時にかけて
もっとも低くなり、午後3時から5時にかけて
もっとも高くなります。

中間の体温となる午前10時ころに測って、
36度5分以下なら冷え性です。

 

冷え性だった場合、生活や食事を見直して、
体質の改善が必要です。

ぜひ下記の記事を参考にしてください。

 

追伸:
僕も使っていますが冷え性の方に
オススメの入浴剤があります。
自然生薬をバランスよく配合したもので、
体が芯まで温まり、お風呂から出たあとも

汗が引かないくらい体のポカポカが持続します。
疲労も回復し、必ずや質の良い睡眠を導いてくれるでしょう。

よかったらお試しください。