毎日のようにテレビで料理番組がやっています。

僕も料理が好きで見ることがありますが、
ただ素材を使って作り方を紹介するだけでなく、
肥満や糖尿病などを予防する調理のワザも
一緒に紹介したらおもしろいと思う。

 

たとえば電子レンジの活用法です。

ジャガイモやニンジンなどの食材は、
お皿にのせてラップをして加熱するだけで
下ごしらえができます。

小松菜や春菊、ナスやブロッコリーなども
手軽に加熱できるうえに、
茹でる調理法よりもビタミンの損失が少なくなります。

これらの下ごしらえができていると、
炒めるときには油を吸う時間が短くなるので
余分な油をカットできてヘルシーです。

とくにナスを炒める料理は
ナスが油をたくさん吸収してしまうので、
この方法は効果的です。

あっさりとした仕上がりになります。

 

また、
肉を焼くときもグリルパンや網を使うと
肉の脂を落としてくれますが、
フライパンで肉を焼く場合は、
肉から出てきた脂をキッチンペーパーで
吸い取るだけで余分な脂を大幅にカットできます。

 

他にも煮物や汁物で浮き出た
アクや脂をていねいに取り除いたり、
揚げ物の衣を薄くしたりすることも
余分な脂を吸収しないためのテクニックです。

 

健康意識が高まっている世の中、
こんな提案があってもよいのではないでしょうか。

 

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。