以前、老舗の料亭のご主人が、
長きに渡って、のれんを守り続けるコツは、
時代とともに変わることだと言っていました。

 

老舗と聞けば伝統を守るというイメージが
ありますが、昔からのやり方を
まったく変えずにいると時代に合わなくなり、
取り残されて行くというのです。

 

もちろん基本的な部分は伝統を重んじますが
それに固執することなく、細部は時代に
合わせて変えていく、柔軟性が必要ということです。

 

 

しかし、人間はなかなか変われないものです。

 

特に高齢になってくると、
年齢とともに頑固になっていくので、
自分の持論に合わないことを頭から否定する人もいます。

 

今までに成功してきた経験値を絶対だと思ってしまうのです。

 

そして、善意で言ったことでも、何か意見を
されると、自分が否定されたかのような錯覚に陥ります。

 

こういう人は話し合いが成立しないので、
相手を説得することも変えることもできません。

 

単なるワンマンショーで終わります。

 

こんな上司や社長がいたら部下は大変です。

 

 

あなたは大丈夫ですか?

 

 

世の中は、目まぐるしく変わっています。
極端にいえば昨日成功したからといって、今日も成功する保証はない。

 

 

いろいろな価値観が存在する中で、
それをお互いに認め合い、
良いと思ったものは吸収して、
高めていくといった柔軟性を持つことが大切です。

 

 

 

いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。