先日、食品添加物の危険性の話をしましたが、続編です。

 

前回述べたコンビニの弁当は食品添加物が大量に表示されていますが、

別に法を犯しているわけではありません。

きちんと国が試験して許可しているものを使用しているわけです。

しかし、その試験も単品の使用の場合においての試験で、

複数の添加物を一緒に取ったらどうなるかという実験は、

十分にされていないのが実情です。

例えばAという添加物とBという添加物を一緒に摂取した場合の試験をして、

さらにCも一緒に摂取したらどうなるか、BとCだけの場合はどうなるか?

などなど、組み合わせは無数になります。

 

しかし、食べ合わせ、飲み合わせがあるように、

添加物にもあると思う方が普通じゃないでしょうか?

現に保存料のソルビン酸Kと発色剤の亜硝酸塩が混ざると

発がん物質ができると言われています。

 

そもそも、添加物の毒性や発ガン性の試験は、

ネズミなどの動物を使って、繰り返し試験されています。

つまり、添加物として使ってよい使用量の判断はネズミが基準なわけです。

人体実験ができませんから、それを目安にするしかありませんが、

ネズミと人間の食べた後の分解能力、吸収能力は同じではありません。

 

だから、緑の便のようなことが起こるのだと思います。

つまり、国の基準だからといって完全に信頼できるものではないということです。

 

食品添加物については、もっと掘り下げて、

これからも触れていきたいと思います。

 

昨日の記事で「自分の身は自分で守るしかない」と書きましたが、

追加で記載させていただきます。

子どもには自分の食べ物を選ぶ権利がありません。

親が出したものをそのまま口にいれます。

つまり、自分の身を自分で守れません。

 

当たり前のことですが、子どもの健康は親しだいということです。

 

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。