何かと注目されている「腸内フローラ」。

腸内フローラとは腸の中の膨大な細菌の集まりが

花畑(フローラ)のようであることから「腸内フローラ」と呼ばれています。

 

近年の研究で、腸の中には約100兆個もの腸内細菌が存在するとされてきましたが、

実際はその5~10倍にあたる500兆~1000兆個存在していることがわかってきました。

 

腸には栄養を吸収するだけでなく、

いろいろな働きがあったのです。

例えばビタミンを作り出す機能を持っていたり、

脳の働きに関係していたり、

寿命にも関与していることが分かりました。

 

腸内フローラは免疫、がん、アレルギー、糖尿病、

精神科領域などさまざまな分野で、

病気の解明や新しい治療法の開発につながるのではないかと言われています。

 

細菌は種類が数百種類ありますが、

大きくは、よく言われる善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つに分かれます。

善玉菌・・・消化吸収を助けるなど健康に役立つ菌。
悪玉菌・・・健康に害をもたらす菌。
日和見菌・・・腸内が善玉菌が優勢であれば良い方に、悪玉菌が優勢であれば悪い方に働く菌。

 

腸内細菌の種類が決まってしまった後でも、

外部から良い菌を取り入れて、腸内フローラを整えることは可能です。

一般的には善玉菌が不足している人が多いので、

食生活を改めて善玉菌を増やし、腸内フローラを整えます。

善玉菌を増やす対策

・発酵食品を食べる。(ヨーグルト、納豆、味噌など)

・善玉菌が好きな植物繊維やオリゴ糖をとる。(玉ねぎ、キャベツ、ごぼうなど)

・悪玉菌が好きな糖質を控える。

 

腸に棲みつく細菌の種類や数は人によって異なっています。

もともと人は無菌状態で生まれ、

母親の産道を通る過程や授乳などを通じて細菌に触れ、

離乳期にその人が保有する腸内細菌の種類や数が決まるそうです。

僕はその話を聞いた時、

親から受け継がれる細菌に何かとても神秘的なものを感じました。

 

この細菌とうまく付き合って、

将来の病気の予防につなげて行きたいところです。

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。