定年退職した後に、これといった趣味もなく
生きがいを見失ってしまう人が多いそうです。

時には抑うつ状態になってしまう人もいます。

 

「仕事が趣味」の人に起こりえることです。

 

特に50代からは仕事が趣味は卒業して、
自分に合った趣味を見つけることが大切です。

いざ、その時に探しても、すぐには見つからないからです。

 

自分に合った趣味が、
なかなか見つからないときは、
自分が小学生から高校生のころに
熱中していたことを思い出すとヒントになるかもしれません。

若い時に没頭できたことは、
今の自分にも合っている可能性が高いからです。

 

いろいろとチャレンジしてみることも大切です。

100歳を超えた健康長寿の方は
チャレンジ精神が旺盛という共通点を持っています。

 

でも、チャレンジするうえでオススメできない趣味もあります。

 

それは「ゴルフ」です。

 

40歳~50歳で突然死が一番多いスポーツだからです。

一見、そんなに激しさを感じさせない
スポーツですが、
ゴルフのスタート時間である早朝は、
血圧が最も高くなり、
重いゴルフバッグを担いで急に活動する行為は
血管を詰まりやすくなったりします。

 

ゴルフは突然死のリスクが高いことを認識しておいてください。

 

ゴルフに限らず、
学生時代に熱中したものでも、
その時の感覚で無理をしてしまうと、
心臓や脳血管に急激な負担がかかり、
発作が起こりやすくなります。

 

僕がいつも奥さんに言われている言葉ですが、
「あの時の俺」はいないのです。

 

趣味を始めるにしても激しい運動には気をつけてください。

 

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。