明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

さて、人間には体内時計が備わっているのをご存じですか?

 

いつも寝る時間に眠くなり、
いつも起きる時間に目が覚めるのは体内時計が作動しているからです。

 

およそ24時間の周期で変動するさまざまな
生命活動をコントロールするために
細胞に備わっているメカニズムです。

 

脳と体は本来、それぞれ別の体内時計が存在し、
脳の体内時計が全体を統括しています。

 

したがって、
寝起きの時間帯が一日ずれただけでも、
脳と体の体内時計に乱れが生じます。

 

これがいわゆる「時差ボケ」です。
時差ボケは一日の体のリズムを崩すので、
睡眠中のホルモン分泌にも影響して、
疲れが取れない状態に陥り、健康にも悪影響がでます。

 

外国から来たチーム(アウェイ)が、
日本(ホーム)で試合をしても負ける確率が
高いのは、この時差ボケも影響しているという説もあります。

 

休日の前の日は、つい夜更かしをして、
翌朝は寝坊をしてしまいがちです。

 

それだけでも、時差ボケは発生して、
疲れが取れない原因になります。

 

 

月曜日に体のだるさを感じるなら、この原因もあるかもしれません。

 

休日も朝起きたら、しっかり朝日を浴びて、
規則正しい生活を心がけましょう。

 

 

規則正しい生活が良い睡眠を招き、
体は翌日、最高のパフォーマンスを出してくれます。

 

 

いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。