上の息子が5歳の時、引っ越しにともない幼稚園を転入しました。

年長で転入したのですが、

新しく入った幼稚園で驚かされました。

 

クラスの全員が、なわとびを連続で跳べたのです。

そして、幼稚園の定番のメロディオンという楽器も

全員が1つの歌を最後まで演奏していました。

 

僕の息子はというと、なわとびも連続でできず、

メロディオンの演奏もワンフレーズだけしかできませんでした。

 

幼稚園の先生に「何でもいいから好きな曲を演奏してみて」と言われ、

息子は得意気にそのワンフレーズを演奏したのですが、

先生は「えっ。もう終わり」という顔をしていました。

 

でも、前の幼稚園ではこれが普通でした。

なわとびも、メロディオンの演奏もクラス全員、息子と同じレベルです。

 

それが当たり前と思っていた僕はとても驚きました。

息子は新しく入った幼稚園で、いきなり落ちこぼれになってしまったのです。

 

でも卒園するときには、

なわとびもメロディオンの演奏も立派にできるようになっていました。

 

あとで聞いた話では、

転入する前の幼稚園の卒園生は小学校に入っても、

なわとびや演奏ができない子が多く、

苦労しているようでした。

 

僕は「幼稚園の違いでここまで差があるのか?」と思い知らされました。

 

最初に習う場所を間違うと、

大きく遠回りをすることになるという良い教訓になりました。

 

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。