先週、乳がんで闘病中だった
フリーアナウンサーの
小林麻央さんが他界されました。

 

心からご冥福をお祈りいたします。

 

闘病中にブログを開設し、
10カ月にも満たない中で、のべ352回も更新されていました。

 

死の恐怖から眠れない日もあったでしょう。

しかし、決してネガティブになることなく、
闘病生活や私生活を赤裸々につづったブログは
多くの人が勇気づけられ、
そして、多くの人が応援していたと思います。

 

僕もその中の一人です。

 

小さな子どもを2人残して、
34歳の若さで旅立たなければいけなかった
小林麻央さんの気持ちを考えると
同じ親として、いたたまれない気持ちです。

 

ブログの中で

「食べられるって本当に有り難いです」

というコメントがありました。

 

健康に暮らせることの尊さ、
そして、
この感謝の気持ちをいつまでも忘れないようにしたいと思いました。

 

他にもブログの中でこんなことも言っていました。

いろいろあっても、
「それでも」前に進む力って
どこから湧き出るんだろう。

宇宙のパワーは枯渇しないって
いうけれど、

人間だって、
枯れそうになっても、
一滴、一滴って
また絞り出すように
湧き出せるんだから、

 

人間は、いかなるときも前に進むことができるのだと
身をもって教えてくれました。

 

中には麻央さんのブログに心無いコメントをする人もいました。

しかし、そんなことは気にせず、
前だけを向き、
今できることを精一杯やった姿勢を僕は忘れません。

 

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。