オーストラリアの女性看護師の「ブロニー・ウェア」という人が書いた

「The Top Five Regrets of the Dying」という本があります。

 

訳すと「死ぬ瞬間の5つの後悔」とう意味で、

日本語に訳された本も出ています。

 

彼女は長年、終末期の看護にたずさわって、

死の間際の患者が語る言葉を聴きとってトップ5にまとめたそうです。

1.自分に正直な人生を生きればよかった。
2.働きすぎなければよかった。
3.思い切って自分の気持ちを伝えればよかった。
4.友人と連絡をとりつづければよかった。
5.もっと幸せを求めればよかった。

 

彼女によれば死を覚悟した患者のほとんどが、

後悔や反省の言葉を残すそうです。

 

やりたいことを我慢したり、

何かを犠牲にしてまで仕事をしたり、

自分の気持ちを押し殺したり、

友達と仲たがいをしたり、

そのときには様々な事情があったとしても

最後は何よりも自分を大事にしておけばよかったというこの5つの後悔は、

今後の人生を深く考えさせられました。

 

終わりをイメージすると今が見えてくるといいます。

 

「今日が人生最後の日」とまでは言いませんが、

「余命1年」と思って生きてみると、

これからの自分の生き方の方向性が

変わってくるのではないでしょうか?

 

脅すわけではありませんが、

急な病気や交通事故の確率を考えると

ありえない話ではありません。

 

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。