以前にも記事にしたことがありますが、
「笑い」は免疫力を高める特効薬です。

 

大笑いした時に涙や鼻水がでる現象は、
副交感神経(リラックスさせる自律神経)が
優位になるため、排泄・分泌が促進されるからです。

 

また、笑うことはガン細胞を撃退する
NK細胞が活性化することも証明されています。

NK細胞
ナチュラル・キラー細胞の略。
全身をパトロールしながら、がん細胞や
ウイルス感染細胞などを見つけて攻撃するリンパ球。

 

反対に「しかめっ面」は緊張を高め、
副交感神経を下げてしまう表情です。

 

口角が下がり眉間(みけん)にシワを寄せた
しかめっ面は顔の筋肉の緊張を高めます。

 

 

自律神経に関する実験では、お腹をかかえる
ほど笑わなくても、ほんの少しほほ笑むだけで
副交感神経を上げる効果があるそうです。

 

つまり、たとえ作り笑いであっても、
口角を上げれば副交感神経は上がるのです。

 

それは口角を上げるという動作が顔の筋肉の
緊張をほぐし、心身にリラクゼーション効果をもたらすと考えられています。

リラクゼーション
息抜き。くつろぎ。緊張を解くこと。

 

仕事で疲れて帰ってきたときに、子どもの
寝顔を見ると、一日の疲れが吹っ飛ぶといい
ますが、それは自然と笑顔になるからです。

 

もちろん心の底から笑うことに越したことは
ありませんが、作り笑いでもかまわないので
意識的に口角を上げるようにしてみましょう。

 

そうすれば副交感神経が上がり、
全身がリラックスして心にも余裕が生まれます。

 

スマイル、スマイルです。

 

 

いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。