「酒は百薬の長」といわれますが、
適度なお酒は健康に良いという結果が出ています。

 

参考:飲酒を適量にすることで飲まない人より長生きにつながる理由

 

 

それは、少量の飲酒により善玉コレストロールが増えて、
血管を詰まらせる血栓ができにくくなり、
心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などの予防効果があるからです。

 

 

しかし、すぐ顔が真っ赤になるような、
お酒に弱いタイプの人は、
アルコールを体内でうまく分解できないので
無理にお酒を飲むと反対に重い病気を招く恐れがあります。

 

 

お酒の適量は一日で日本酒1合、ビールなら中瓶1本、
ウイスキーならダブルを1杯程度のアルコール量です。

 

 

お酒に強い人でも、これ以上を飲み続けると、
咽頭ガン、喉頭ガン、食道ガン、大腸ガン、胃ガン、
胃潰瘍、十二指腸潰瘍を引き起こすリスクがでてきます。

 

 

さらにアルコールを分解する肝臓は、
大量のアルコールで負担を掛け続けると、
慢性肝炎から肝硬変、最後には肝臓ガンという病に
進行するリスクもあります。

 

 

そして、肝臓は痛みなどの症状がでないため、
気付かずに手遅れになってから判明することが多く、
大量に飲むと一番発生しやすい病気です。

 

 

また、アルコールそのものがすい臓を刺激して、
急性すい炎などすい臓の病気にもかかりやすくなります。

 

 

 

お酒は楽しく飲まなければいけないと思いますが、
40を過ぎて「自分はお酒に強い」とか「酒豪」を自負して、
日頃から適量以上を飲んでいるのでしたら考えを改めたほうが良いでしょう。

 

 

適量を守れば「長生き」につながり、飲み過ぎれば「寿命を縮める」、
まさに天国と地獄なのですから。

 

 

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。