今日は5月5日で「こどもの日」です。

鯉のぼりの「鯉」の由縁は昔、

滝を登り切った鯉は竜になると言われていて、

「どのような困難も乗り越える立派な男の子になって欲しい」という願いが込められているそうです。

そう言われると、鯉にはヒゲとウロコもあるし竜の子供にも見えますね。

 

こどもの日に合わせて総務省が発表した子供の人口(15歳未満)が

過去最少で34年連続減の1617万人とでていました。

 

今や日本の15歳未満の子供の人口よりペットの数の方が多く、

ペットが家族の変わりになり、

犬は小型が中心で昔のように番犬ではなくなりました。

 

人気犬種のチワワとダックスフンドを掛け合わせた「チワックス」、

マルチーズとプードルを掛け合わせた「マルチプー」などの

ミックス犬も、はやっているそうです。

(人間の都合で交配させるのもいかがかと思いますが)

 

いずれにしろ、日本は少子化の進行を止められない状況で、

このまま行けば、経済力や技術力などの国力が低下するでしょう。

 

対策として個人的な考えを言わせていただくと、

・出産したら、出産費用も含め1人生むごとに100万円の手当を支給する。

・医療費は成人するまで無料にする。

・教育費は私立も含め、大学を卒業するまで無料にする。

・児童手当は今まで通り支給する。

このくらいは思い切ってやらないと、歯止めはかからないでしょう。

 

人口の減少のスピードは増していて、

10年後には年間74.4万人減少する予測がでています。

この数は、現在の東京都の練馬区や

神奈川県の相模原市が消滅するのと一緒です。

 

今回、過去最高を記録した防衛費4兆9801億円。

 

防衛費を増やすことより、

34年連続減の少子化対策の方が待ったなしのはずだと思うのです。

 

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。