メタボの判断基準ってご存じですか?

 

現在のメタボリックシンドロームの
判断基準はへその高さの腹囲が男性で85cm、
女性で90cmを超えていることが基準となっています。

 

これに加え、下記の①~③のうち2つ以上が
基準値を超えているとメタボが確定します。

 

①(下記のいずれか)
・中性脂肪値 150mg/dl以上
・HDLコレステロール値 40mg/dl未満

②(下記のいずれか)
・最高血圧 130mmHg以上
・最低血圧  85mmHg以上

③ 空腹時血糖値 110mg/dl以上

 

 

腹囲のサイズは内臓脂肪の蓄積状態を
知るための、ひとつの目安ではありますが、
痩せて見えても内臓脂肪が溜まっていることもあります。

 

2018年度からは、条件に当てはまらなくても
血圧などによってはメタボ指導の対象になるそうです。

 

 

体脂肪が増えすぎると、高血圧に高血糖、
脂質代謝異常といった状態に陥り、
動脈硬化や心筋梗塞、脳血管疾患、
ひいては大腸ガンや食道ガンを発症する
リスクが高くなることが明らかになっています。

 

隠れ肥満もありますが、大半は体重の増が
内臓脂肪の蓄積につながっています。

 

基本は自分の標準体重を維持することが大切です。

 

体重が増えると動くことが億劫(おっくう)に
なるので、
活動量が減って脂肪が燃焼されにくくなるからです。

 

自分の標準体重を把握して、
いつも体格指数(BMI)を気にするようにしましょう。

参考:
肥満度チェックと死亡指数が最も低くい理想のBMIとは?

 

 

ぽっこりお腹は要注意ですよ。

 

 

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。