今は2人に1人がガンになる時代です。

現代の医学的治療も日々進歩していますが、自然療法で治ったという人も少なからずいます。

 

大病院で手術不可能の進行ガンと見放された人が、
いつの間にかガンがなくなって元気になったという方もいます。

 

診断が誤診だったわけではなく、世界的にも症例は数多くあり、
自然療法で治るという事実は科学的にも確認されていることです。

 

 

ニンジンジュースを毎日飲んで、ガンが消えたという有名な話がありますが、
腎臓ガンや肝臓ガン、膀胱(ぼうこう)ガンなどさまざまなガンが消えたことが確認されています。

 

以前、若返りの食材として記事にしたことがありますが、
ニンジンは抗酸化作用のベーターカロテンとリコピンを大量に含んでいるので、
ガンの抑制には非常に適した食材です。

参考:
にんじんの栄養素は活性酸素を消去する効能があり若返りを促進する

 

 

他にも興味深い話があります。

大学病院で膀胱(ぼうこう)ガンと診断されて、3週間後に手術をすることになった男性が、
少しでも体調をよくして手術に望むために、
自宅で毎日、朝夕ニンジン・リンゴジュースをコップ2杯飲み、
玄米食を1日2回、副食に梅干し、ヒジキの炒め物、ワカメのみそ汁、
根菜の煮物という徹底的な小食にして、一口50回以上噛んで食事をしたそうです。

 

さらに1日1万歩のウォーキングや半身浴をした結果、
いざ手術をする時に、医者から「ガンが消えている」と言われたそうです。

 

自然界の食べ物は、人間が持っている本来の強さを呼び起こすのでしょう。

でも、もしかしたら正常に戻してくれているだけかもしれません。

 

ガンにならないための秘訣がここにあるのだと思います。

 

ガンの自然療法は誰もが治るわけではありません。

 

しかし、強くなった免疫力が、ガン細胞を正常な細胞に戻すという、
信じられないような話ですが、実際に起きていることも事実です。

 

人間とは本来強い生きものなのでしょう。

 

 

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。