昨日、ヤフーのニュースでテレビ視聴できる
ワンセグ機能付きの携帯電話を持っている
だけで、NHKへの受信料支払い義務があるか
が争われた裁判についての記事が出ていました。

 

判決は先月さいたま地裁で、
「支払い義務はない」との判断が
示されましたが、NHK側は控訴しています。

 

このニュースの記事の最後に、弁護士の方が
「契約というものは本来自由なもので
『NHKは見たくない』と言っている人からも
徴収するのはおかしいのでは?」と
受信料制度に矛盾があると指摘していました。

 

この意見には僕も同感です。

 

以前、NHKの受信料の無駄遣いについても
記事にしたことがありますが、
今回は無駄遣いや不祥事などは別にして意見をのべたいと思います。

 

 

僕はNHKの受信料を支払っています。

 

それは、受信料を徴収する方が執拗に訪ねて
くるので、奥さんが「近所の目を気にして」のことでした。

 

少なからず、受信料には納得していないけど、
同じような理由で支払っている人もいるのではないでしょうか。

 

一説には受信料を徴収するかたは歩合制が多いとか。

 

 

WOWOWなどの有料放送もありますが、
お金を払っている人だけを視聴可能にする
スクランブルの技術は昔からあります。

 

決してNHKだけができないことではありません。

 

ではなぜ、やらないのか?

 

それは、公共放送の役割や放送法を理由に
あげていますが、
結局のところは見たい人だけにしてしまうと
運営財源が少なくなるからでしょう。

 

NHKが「みなさまに公平に負担していただく
受信料」という言葉を使いますが、
そもそも全員から公平に徴収することなど
税金のように徴収しないかぎり不可能でしょう。

 

現在、20年受信料を払っている人も、
払っていない人も同じように視聴できる環境は
払っている側から見たら不公平の何ものでもありません。

 

 

しかし、それ以前に見たい意思がない人から
強制的に徴収できる今の法はどうなのか?

 

押し売りをされているのに断れないのと同じことです。

 

いらないものはいらないと主張する権利が
剥奪されているのではないだろうか。

 

 

僕はNHKを見たい人だけ受信料を徴収し、
その人だけを視聴可能にすればいいと思っています。

 

それで運営が成り立たないのなら、潔く民営化にするべきです。

 

 

現在、このヤフーのニュース記事に
4000件以上のコメントが集まっています。

 

関心は非常に多い。

 

NHKは国民を豊かにしているのか?

 

今の時代にNHKは必要なのか?

 

国民投票してみてはどうでしょうか?

 

それが本当の意味での民主主義ではないだろうか。

 

いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。