言うまでもありませんが、

人は呼吸によって空気中から酸素を取り入れています。

酸素は僕たちが生きていくために欠かせないものです。

 

ところが、大気汚染物質を吸い込んだときや

喫煙、飲酒、ストレス、紫外線、電磁波などをきっかけに、

酸素の電子構造が変化して「活性酸素」が発生します。

 

「活性」という言葉から、体には良いイメージがありますが、

酸化力が強く、この発生が多すぎると細胞や遺伝子などを傷つけ、

ガン、脳卒中、狭心症など、さまざまな病気の原因になります。

シミやシワの発生にもからむと言われています。

 

他にも食べ物をエネルギーに変えるときにも発生します。

 

これは健康被害とも言えますが、

食べ物に含まれる添加物、農薬、抗菌性物質、ダイオキシンなどが、

体に入ったときに発生します。

 

食品添加物はどれも活性酸素発生の原因にもなりますが、

有害度の大きい添加物ほど発生量も多くなると考えられています。

 

人間の体は本来たんぱく質、ビタミンなどが

活性酸素が発生した時に消してしまうという仕組みを持っています。

下記が抗酸化作用がある成分です。

・ビタミンA・カロテン

・ビタミンC

・ビタミンE

・セレン

・ビタミンB2

・ポリフェノール

しかし、40歳を過ぎてくると加齢と共に活性酸素に抵抗できなくなってきます。

大病を防ぐためにも、できるだけ活性酸素を発生させないような生活と、

酸化防止を促進する食生活が必要です。

食品添加物も極力摂取しないように心がけましょう。

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。