リン酸という食品添加物があります。

リンは体内のミネラルの中でカルシウムに次に多い栄養素で、
エネルギーを作るときに必要なものです。

 

ただし、今の時代は数多くの食品に添加されているので
不足するということはあまりなく、
むしろ取りすぎが問題になっています。

 

リンを取りすぎると、カルシウムの吸収が阻害されて骨がもろくなったり、
血中のカルシウムを低下させる可能性があります。

特にリン酸塩はハムやウインナーソーセージを製造する際に、
肉のくっつき度を高めるための結着剤としてよく使われています。

 

インスタント食品やコンビニの弁当、
清涼飲料水にも大量のリン酸が入っています。
これらの食品は過剰に取らないように注意しましょう。

弁当は、成分をチェックして買うように心がけましょう。

 

味の濃いコンビニ弁当は塩分の取りすぎになることもあります。

 

そして、塩分の取り過ぎはカルシウムの尿への排出を増加させていまいますし、
高血圧の原因にもなるので注意が必要です。

 


応援ありがとうございます。

 

応援感謝いたします。