鍋の季節になりましたね。

この前、ある方のブログを見ていたら
美味しそうな肉団子鍋の紹介があり、
ちょうど白菜もあったので作ってみました。

 

最後にうどんも入れて食べましたが、
とても美味しかった。

つい食べ過ぎてしまいました。

 

水炊きから寄せ鍋、キムチ鍋、ちり鍋、
トマト鍋など、さまざまな鍋がありますが、
寒い日にグツグツと煮込んだ鍋料理を
食べると芯から体が温まります。

 

みんなで囲んで食べてもよし、
今は一人用の鍋もありますので、
一人や二人で食べても美味しいものです。

 

下ごしらえさえしておけば、
煮るだけで調理できる手軽さがいいですね。

 

 

鍋は日本が生んだ世界に誇る料理です。

 

全国各地にいろいろ名物鍋がありますが、
特に決まった作り方や材料はなく、
その地域、家庭で独自の好きなものを入れて
楽しめるといった醍醐味が鍋料理にはあります。

 

野菜や魚、肉などのさまざまな部位を
同時に食べることができるので、
体に大切なタンパク質や脂質、
ミネラルやビタミンなども手軽るにとれます。

 

また、
鍋の中に具材のエキスが溶け出したスープは栄養の宝庫です。

 

鍋の締めとして、
スープの中にご飯や麺類を入れる食べ方は、
栄養学的にも理にかなっているのだそうです。

 

冬は積極的に鍋を食べて、
しっかり栄養をとっていきましょう。

 

食べ過ぎだけは注意して。

 

 

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。