ふだんから、できる限り食品添加物の摂取を避けたいところですが、
数ある食品添加物の中でも、桁違いに毒性が強いものがあります。

 

それは、アメリカでポストハーベスト農薬として許可され、
おもにレモンやグレープフルーツなど柑橘類に使用されている「防カビ剤」です。

 

なかでもOPP(オルトフェニルフェノール)、TBZ(チアベンダゾール)、
イマザリルという防カビ剤は、避けるべきワースト3と言っていいでしょう。

毒性が強いだけでなく、残留性も高いものです。

 

動物実験でもOPPを1.25%含んだエサをネズミに91週間食べさせた結果、
83%という高い割合で膀胱(ぼうこう)や腎臓(じんぞう)にガンが発生しています

 

 

そもそも、日本では許可されていなかったものですが、
政治的な圧力があり、1977年にOPPの使用を認めています。

 

OPPはカビを防ぐ力がとても強く、
他の防カビ剤では防げない白カビを防ぐことができたため、
アメリカが日本にグレープフルーツを輸出するためにはOPPの認可がどうしても必要でした。

日本は貿易摩擦を恐れ、アメリカの強い圧力に屈服したのです。

他の防カビ剤、イマザリルやTBZも同様です。

 

国の利権のために、今までダメだった危険な化学物質を認可して、
今も堂々と使われているわけです。

 

恐ろしい話です。

 

・OPP(オルトフェニルフェノール)
・TBZ(チアベンダゾール)
・イマザリル

この防カビ剤を使用しているものは避けるのが一番です。

 

健康被害に合わないように柑橘類を買うときは必ず確認しましょう。

 

 

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。