読書していますか?

 

アメリカの調査機関が世界30カ国を対象に
行った日本の週当たりの読書時間は4.1時間で29位でした。

ws003

 

全体の平均時間は6.5時間で1位はインドで10.7時間です。

 

日本はそれの半分以下です。

 

「勤勉な日本人」と言われていますが、
読書に関しては世界30カ国でワースト2位という結果でした。

 

 

確かに毎日の通勤電車の中でも
本を読んでいる人は、そんなに見かけず、
スマートフォンでネットサーフィンか
ゲームをしている人が多い印象を受けます。

 

しかし、読書は脳が活性化することがわかっています。

 

本や新聞などを読むと知識、感情、意思など
人間らしい機能を担当している前頭前野が活性化されます。

 

さらに声に出して読む、すなわち音読をすると
大脳全体がより活性化することが明らかになっています。

 

読書は身近な脳のトレーニング法なのです。

 

 

人間は本を読むことによって成長しています。

 

生まれてから言葉を家族から教わり、次に
文字を覚えると絵本からスタートします。

 

そして、少しずつ複雑な本が読めるように
なっていきますが、
その読書歴は人間形成に少なからず影響を与えています。

 

脳科学の研究でも脳は鍛えれば鍛えるほど
元気がでることがわかっています。

 

ふだんから読書、できれば音読を心がけたいものです。

 

 

寝る前には本は読まないほうがいいと
いう人もいますが、
僕は毎日、寝る前にも本を読んでいます。

 

とはいっても1ページも読まないうちに、
眠りについてしまうので、
ほとんど読んでいないようなものですが・・・。

 

寝る前の本は僕にとって睡眠導入剤のようなものです。

 

ただし、読む本は小説のように先が気になる
本は読まないようにしています。

 

短編で読めるもの、極端にいえば四コマ漫画みたいなものがおすすめです。

 
寝つきが悪いときに睡眠をもたらしてくれる読書もあります。

 

 

本の好みはいろいろとありますが、
思考力も高めて、感性を豊かにしてくれる読書。

 

ぜひ習慣にしましょう。

 

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。