厚生労働省の最近の調査結果では、65歳以上の5人に1人が、

介護が必要な状態となっています。

1位が脳卒中などの脳血管疾患で2位が認知症です。

特に認知症は2025年には5人に1人になることが予測されていますので、

65歳以上の介護が必要な方も4人に1人、3人に1人になっていくことでしょう。

 

認知症は脳の細胞が死んだり、働きが悪くなったりして、

さまざまな障がいが起こり、

生活する上で支障が出ている状態をいいます。

 

「認知症や介護なんてまだ先のこと」と思われるかもしれませんが、

女子栄養大学の香川靖雄副学長の話では、

普段の食生活が認知症の発病と深く関わっていると言われます。

 

日本人の過半数を占めるアルツハイマー型認知症は、

アミロイドβというたんぱく質が脳内に蓄積して凝縮し、

神経が死滅することで進行します。

具体的には心身の活動不足による糖尿病や、

痩せや肥満が大きなリスクとなります。

 

対策としては、脳の機能に不可欠な魚介類に含まれるDHAや

緑野菜に含まれる葉酸をしっかり摂取することと、

肉類や甘いものの食べ過ぎによる、

エネルギーや脂質の過剰な摂取を避けることです。

 

まだ先の話ではなく、

認知症も今から食生活に気をつければ予防ができる病気です。

食事の栄養バランスと食べ過ぎには注意するようにしましょう。

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。