高血圧の対策として連想される言葉は
「減塩」が多いと思います。

 

実際に血液中のナトリウム濃度が上がると
それを薄めるために、血液まわりの細胞の
水分が吸収され、水分量が増えてきます。

 

それによって血管内の限られたスペースに
血液量が急激に増加するため、
血管に圧がかかって、
血圧の数値が上昇するという仕組みです。

 

しかし、
これは主に工場で大量生産されている
「精製塩」と呼ばれる塩を摂取した場合です。

 

精製塩は99%が塩化ナトリウムで構成され、
海水に含まれているカルシウムやカリウム、
マグネシウムなどのミネラルを除去した、
いわば化学薬品です。

自然のものではありません。

 

塩化ナトリウムばかりを摂取していると
ミネラル不足になり、
腎臓からのナトリウム排出が
スムーズに行われず、
さらにしょっぱいものが欲しくなるという
悪循環が起こります。

そして、血圧が高い状態が続きます。

 

自然に近い天然の塩を摂取すれば、
ミネラルなど、他の働きも加わり、
体の外にナトリウムが排出されるので、
さらにしょっぱいものを食べたくなる
欲求もありません。

 

一つの成分だけを過剰にとるということは
体に悪影響を与えるということです。

 

健康に貢献する塩

では、どんな塩を摂取すればよいのか?

それは昔ながらの製法で作られ、
海水と同じミネラル分の割合を持つ海塩がおすすめです。

 

人間の体を構成している元素は
海水の成分と酷似していて、
海塩はバランスよく体を構成する原料になるからです。

 

製法もいろいろありますが、
具体的には「天日法」「平釜法」といった
海の成分をそのまま濃縮する製法です。

 

天日法
塩田で海水を濃縮して、
天日で蒸発させて結晶化させる製法。

平釜法
海水を直接平釜に入れて、
火力によって水分を蒸発させて結晶化させる製法。

天日平釜法
塩田と太陽の熱、風などを利用して、
海水を濃縮し、平釜で加熱蒸発させて結晶化させる製法。

 

おわりに

冒頭で紹介した
99%が塩化ナトリウムの精製塩は、
工場で専用の機械を使って、
海水から塩化ナトリウムのみを抽出したものです。

大量生産に向いていて、値段もはるかに安いです。

 

したがって、ファストフードや
ファミリーレストランなどの外食産業、
スーパーの惣菜、コンビニ弁当などで、
天日や平釜法のよい塩を使うことは、
コスト面を考えると無理な話です。

普段から外食が多い人は、高血圧に注意してください。

 

せめて、自宅ではよい塩を使ってはいかがでしょうか?

 

 

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。