少し肌寒くなって秋の季節を感じるように
なり、「スポーツの秋」「食欲の秋」がやってきました。

 

しかし、スポーツに関しては突然の激しい運動には注意してください。

特に10月は運動による突然死が一番多い月です。

 

 

秋の食べ物といえば、代表的なものはサツマイモでしょうか。

 

他にも僕は鍋に入れるシュンギクを思い浮かべます。

 

栄養価も高く、あの香りが大好きです。

 

 

昔から「旬なもの」とは「季節のもの」
ということで、季節の到来を告げる象徴的な食べ物を表しています。

 

他にも「その時期に一番美味しい食べ物」、
「出荷量がピークに当たる時期の食べ物」の意味があります。

 

しかし、現代ではほとんどの食材を一年中手に
入れることができるようになりました。

 

魚も養殖が増えたり、野菜や果物もハウス栽培が普及しました。

 

そして、輸送方法や冷凍技術の革命的な進歩が
あり、気軽にスーパーで買えるようになったのです。

 

ところでイチゴの旬は何月かご存じですか?

 

・・・・・

 

・・・・

 

・・・

 

・・

ハイ!正解は5月です。

 

イチゴはクリスマスケーキの印象が強いため、
「冬の果物」と勘違いしている人が多いですが、
それは、生産者がハウスでクリスマスに合わせて育てているからです。

 

しかし、以前にも記事にしたことがありますが
ハウス栽培のものと比べると旬のもののほうが栄養化も高く美味しいです。

参考:
野菜の色別の健康効果と健康な体をつくるための上手な野菜のとり方

 

それは太陽をさんさんと浴びて、
自然のリズムで育ったのだから当然かもしれません。

 

ぎゅうぎゅう詰めの中で育てられた
ブロイラーの鶏よりも自然の中で、
のびのび育った鶏のほうが美味しいことと同じです。

 

昔は旬のもので、それぞれの一家の健康を保ってきました。

 

普段から不自然ではなく自然を意識するようにしたいものです。

 

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。