前回の睡眠不足の話の続きです。

 

睡眠不足は自律神経のバランスが崩れて、
持てる能力を発揮する際に、大きな足かせになります。

 

僕も経験がありますが、毎日遅くまで残業をして、

コーヒーを飲みながら睡魔と戦って仕事を
こなしても能率は、なかなか上がりません。

 

逆に疲れを次の日まで引きずって、ミスも多くなり不効率です。

 

そして、こんな生活をずっと続けていたら、間違いなく体も壊すでしょう。

 

 

受験や試験も同様で、前の日に徹夜で猛勉強
してテストに望んでも、実力は発揮できないのです。

 

自律神経のバランスの乱れによる、
血流悪化の影響は脳の活性化も落とします。

 

本当に実力を発揮したいのなら、
前日は十分な睡眠を取ることが大切です。

 

そのくらいの余裕をもって、
ふだんから計画を立てて勉強に取り組むことです。

 

それでもまだ勉強が足りないと思うなら、
睡眠をしっかり取ったうえで、早起きして勉強しましょう。

 

睡眠を十分取った朝方の脳のパフォーマンスは最高です。

参考:脳がもっとも活性化する時間帯を有効活用しよう

 

もし、お子さんがテスト前日に徹夜して勉強していたら教えてあげてください。

 

睡眠不足の状態では適正な判断もできなくなります。

 

本来の実力を出し切るためには、
最低限の条件として十分な睡眠を取っておくことが必要です。

 

 

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。