朝、スッキリ目覚めるために
90分の睡眠サイクルを利用する話を
聞いたことがあるでしょうか?

 

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠の
組み合わせによって作られる一定のリズムが存在します。

レム睡眠とノンレム睡眠の
1周期90分をベースに目覚まし時計を
セットすることで、
浅い眠りのレム睡眠時に起きられ、
スッキリ目覚められるというわけです。

 

たとえば、
寝る時間が23時で起床は6時半
(90分×5で7時間半睡眠)だったり、
寝る時間が24時で起床は6時
(90分×4で6時間睡眠)が当てはまります。

 

しかし、
最新の研究では睡眠の1周期は平均すると
100分~プラスマイナス30分~40分ということがわかりました。

 

そして、
レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルを
繰り返すごとに、レム睡眠の時間が
増えていく傾向にあることもわかりました。

 

そもそも入眠からレム睡眠が訪れるまでの
時間には個人差があり、
単純に90分の倍数で計算できるものではないそうです。

 

あまり鵜呑みにしすぎると、
逆に睡眠の質を下げることにもなりかねません。

 

さて、
人間には生体リズムの関係で、
急激な眠気に襲われる波が1日に2回あります。

夜中の3~4時に大きなピークが一つと
午後の14~16時にも夜中ほどではないですが訪れます。

午後のこの時間帯は交通事故の発生率が
増加するというデータもありますので注意してください。

 

仕事をするうえでも仮眠をとったり、
眠くならないように体を動かしたりする工夫が必要です。

ぜひ参考にしてください。

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。