以前、テレビで若い女性タレントが、
「毎日野菜を食べている」といって、
それがスナック菓子だったのを見たことがあります。

その女性にとっては、
サツマイモや枝豆のスナック菓子なども
野菜に分類されるようです。

小さい頃から食事代わりに
お菓子を食べていたといっていました。

 

スナック菓子は高エネルギーで、
エネルギー以外の栄養素はほとんど望めません。

スナック菓子を主食にしていると肥満を招き、
血中の中性脂肪を上げて血液もドロドロになります。

また、
最近はお菓子などの食べ過ぎで
低血糖になる人が増えているそうです。

お菓子類に使用されている糖分は、
体に吸収されやすく急激に血糖値が
上がるため、
すい臓が血糖値を下げようとして
インスリンを分泌します。

スナック菓子を毎日食べる習慣が続くと
すい臓が必死に働き、
インスリンを過剰に分泌し続けることになります。

こうなってくると、
常に低血糖の状態になって、
脳がエネルギー不足になって頭が働かず、
集中力がなくなってしまうのです。

スナック菓子の食べ過ぎは体によくありません。

 

できるだけ、買い置きを控えて、
お菓子以外で3度の食事をしっかりとることが大切です。

スナック菓子を食べ続けている人は
食事をしっかりとっていない場合がほとんどです。

そして、
スナック菓子を買うときはカロリーもきちんと確認しましょう。

 

もし、どうしてもやめられないときは、
赤ちゃん用のスナック菓子がおすすめです。

少量で食品添加物もなく、
食べてみるとなかなかのおいしさです。

また、低エネルギーの和菓子もありますので
下記も参考にしてください。

和菓子がスイーツやスナック菓子より健康に良い理由

 

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。