先日、6歳の息子が体操の後まわり(後転)ができなくて、

家で練習をすることにしました。

最初は言葉で指導していたのですが、なかなかできない様子でした。

 

そこで、僕が手本を見せてあげることにしました。

先ほど指導した内容を振り返りながら、2回ほどやって見せました。

そして、次に息子がやってみると1発でできるようになったのです。

息子に聞いてみると「お父さんを見ていたらできた」と言いました。

 

言葉だけで指導していた時は、全然できなかった息子が手本を見ただけで

できるようになったのです。

つまり、実際に見たことによって成功するイメージができたのです。

 

この「成功するイメージ」というのは非常に大事で、

これを持っていないと、成功することは難しくなります。

 

方法は何でも良いのですが、

まずは自分が成功するイメージを実感していないと

無意識に脳にブレーキがかかり

「やっぱりダメか」

「僕には無理だ」

などとネガティブ思考になってしまうのです。

こうなった時点で成功は遠のきます。

 

逆に自分が成功するイメージを持っていると、

自信を持つことができ、

息子のようにできないこともできるようになります。

 

つまり普段の行動においても

成功するイメージを持って取り組めれば、

問題が起きてもブレーキがかかることもなく、

自動的に何度も軌道修正して、

目指すゴールに向かって突き進むことができるのです。

 

そして、人は自信がある人に集まります。

成功するイメージは自分を成長させる上で大事なことです。

 

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。