よく「嫌な汗をかいた」という言葉が使われますが、
嫌なあせは体の中からじわりじわりと出て、ベトベトします。

 

逆に、「いい汗をかいた」という時は体から汗がサラサラと流れ出てきます。

 

 

実はこの2つの汗の違いは体に及ぼす効果も大きく異なります。

 

そもそも汗は血液が汗腺に取り込まれて、水とミネラルが分泌される仕組みです。

 

いい汗は、ほとんどが水分でサラッとしてすぐに乾きます。

そして、ベタつきや臭いもなく、蒸発して体温を下げる働きをしてくれます。

 

それに対して悪い汗は塩分が多く含まれ、大粒でダラダラと流れます。

蒸発もしにくいので、体温も下がらず塩分も失われ、
熱中症にもなりやすくなります。

 

 

また、塩分を含んだ汗は皮膚についた菌の養分となって「臭いのもと」もつくります。

 

体臭で悩んでいる人は特に気をつけた方が良いでしょう。

 

 

いい汗をかくには、日頃から汗をかくことが大切です。

 

日頃から汗をかいていると、汗腺の働きが活発になり、
かいた汗の塩分を再吸収して、
残りの水分のみを体外に排出すという良い循環になります。

 

逆に汗をかくことが少ないと汗腺の数も減っていきます。

 

当然少ない汗腺では、働きが悪くなり、塩分を再吸収する力も落ちて、
体の老化も促進してしまいます。

 

 

快適な空間ばかりにいるのではなく、
運動をして、いい汗をかいて汗腺の働きを活性化させましょう。

 

汗をかきやすい食材、生姜や唐辛子などの活用も有効です。

 


応援ありがとうございます。


いつも応援感謝いたします。