会社のお昼のランチで外に食べに行って、

食後の歯みがきを忘れてしまうことがあります。

 

しかし、口の中に残った食べカスは、

生きた細菌の塊になり、

食物中の糖質を栄養源にしてどんどん増殖し、

虫歯や歯周病を発生させます。

歯周病とは

歯と歯ぐきの間に繁殖する細菌に感染し、歯の周りに炎症が起こる病気です。
炎症が歯ぐきに限定されているときは歯肉炎、それ以上に進行すると歯周炎(歯槽膿漏)と呼ばれます。

 

歯周病は糖尿病と密接な関係があり、

糖尿病の合併症の一つとも言われています。

 

忙しいとスルーしがちな食後の歯みがきですが、

身だしなみとしてだけではなく、

健康に生きるために欠かさず行いましょう。

 

例えばコンビニで弁当とカップラーメンを買って食べて満腹になり、

食後に歯をみがかない行為は、

からだに悪いことのトリプルパンチになります。

(体に悪い添加物 + 炭水化物の取り過ぎ + 歯周病)

 

これを続けていると必ず健康を害しますので気をつけましょう。

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。