記事を書く上で、

よく「子供でもわかるように書くと良い」と言われますが、

常に意識していないと、つい難しい言葉を使ったりしてしまいます。

僕もそうですが、記事の内容が少しでも難しそう、

つまらなそうと感じたら、大抵は読むことをやめてしまいます。

 

そこで記事を書くときに、つい忘れがちな注意点をまとめてみました。

 

① 専門用語を使わない

人は知識が多くなると、どうしても専門用語を使ってしまいます。

難しい用語がたくさんでてきたら、

その瞬間で読むのをやめるでしょう。

2~3個でも閉じられると思います。

自分が当たり前だと思っていることも初心者の方は知りません。

初心者の目線で書くということを意識しましょう。

どうしても、専門用語を使用する場合は、

できるだけ用語解説も一緒に記載するようにします。

 

② 難しい漢字を使わない

漢字もパソコンで文章を書いていると、

どんな難しい言葉でも変換ボタンで出てきます。

つい、そのまま使ってしまいがちですが、

「この漢字は読むことがむずかしいな」と思ったら

わざとひらがなに変えたほうが親切です。

(例)「蒟蒻」⇒「こんにゃく」

 

③ アルファベットもできる限り使わない

同様にアルファベットを使用することも、

できるだけやめましょう。

年配者にかぎらず、横文字が苦手という方もいます。

アルファベットはカタカナに置き換えるクセをつけましょう。

(例)「Wikipedia」⇒「ウィキペディア」

 

できるだけ、理解できるような単純な言葉を使って

面白い文章を書くことが理想です。

 

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。