よく「人間の体の半分は水でできている」と
いわれますが、水分はまさに生命の源であり
水分がなければすべての生命は存在することができません。

 

僕もふだん800ミリリットルの水筒を持ち歩き、
喉が渇いたときにだけ水分を補給するようにしています。

 

人間の体内の水分比率は、
赤ちゃんのときで80%、成人男性で60%、
高齢者になると50~55%まで減ってしまいます。

 

それを考えると、歳をとるにつれ、
肌にハリがなくなったり、
シワが多くなってくるのもうなずけるところです。

 

水分の摂り過ぎのデメリット

以前、「毎日2リットル以上の水を飲む」
という健康法があって、
毎日2リットルのペットボトルを机に置いて、
一生懸命飲みほしている人がいました。

 

しかし、
脳梗塞を発病したことのある人や動脈硬化、
高血圧を患っている人ならともかく、
それ以外の人が健康や美容のために、
2リットル以上の水分を摂り続けることは体によくありません。

 

とくに胃腸が弱い人の水分のとり過ぎは
胃が疲労し、胃液が薄まりすぎて、
消化吸収の妨げになる可能性があります。

また、
腸管には全体の免疫細胞の約60%が
集まっていて、水分のとり過ぎで
毎日腸内環境を悪くしていると、
免疫力が低下し、
ガンの発生率などが高くなる恐れもあります。

 

さらに、腎臓も利尿作用が追いつかず、
体内のナトリウムが極端に減って、
「低ナトリウム血症」を引き起こすこともあります。

【低ナトリウム血症】
血液中のナトリウム濃度が低下した状態であり、
倦怠感や意識障害に引き続いて、痙攣などを引き起こす。

 

水分は人間の体にとって大切なものですが、
とりすぎにも注意が必要です。

 

自分にとっての適量を見極める

ふだん水を飲むこと以外にも水分を取り入れています。

 

ご飯にも野菜にも水が入っていますので、
3度の食事から800ミリリットル程度の
水分はとれてるといわれます。

 

そして、
人間は尿、呼気、汗、便などから水分が
失われますが、
一日に必要な水分量の目安は
「体重(kg)✕30ml」で求めることができます。

 

しかし、
一日中デスクワークの人と
外で汗をかきながら働く人など、
生活スタイルの違いや
夏場と冬場の環境などによっても
水分の必要量は変わってきます。

 

基本は喉が渇くのを待って、
自分にとっての適量を見極めて飲むことが大切です。

 

健康や美容のために、
一生懸命飲みほすようなことは止めましょう。

 

バランスが大切です。

 

 

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。