Wi-Fi(ワイファイ)が使えるカフェやコンビニエンスストアなど

最近あちこちで公衆無線LANが使えるという表示を目にするようになりました。

 

確かに外出先で高速のインターネットが使えるのは非常に便利です。

しかし、無線を傍受されて情報を盗み取られるリスクが

存在することだけは覚えておきましょう。

Wi-Fiの中には盗聴目的で設置されるものもあります。

 

公衆の無線LANを利用する時の注意点

「鍵アイコン」の付いたサービスを利用しましょう。

鍵アイコンは暗号化されていることを意味します。

パスワードが必要になり、入力がめんどうなところはありますが、

一度入力するだけで、次回からは入力の必要はありません。

 

パスワードを必要としない、いわゆる野良Wi-Fiは使うのをやめましょう。

ただし、「鍵アイコン」の付いた無線LANでも100%安全というわけではありません。

暗号化のレベルが低かったりすると無線を傍受されることもあります。

基本、ネットバンキングなどの個人情報を送信するサイトは

無線の回線を利用しないほうが賢明でしょう。

 

セキュリティー対策のソフトを入れるという手もあります。

おすすめは下記のセキュリティーソフトです。

https://www.avast.co.jp/index

スマートフォンやタブレットにも対応しています。

何も入れていないなら、無料の部分だけでも入れる価値はあります。

しかし十分な対策を望むと、どうしても有料になります。

 

スマートフォンなどでネットバンキングや通販サイトに頻繁にアクセスし、

個人情報を送信することが多い人は、

有料のセキュリティーソフトを導入したほうが良いでしょう。

 

被害にあってからでは遅いです。

自分の資産を守るためにも。

 

 


いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。