前回、食器から出る有害物質の可能性の話をしましたが、
台所の必需品となっているラップも同様です。

 

このまえ実家へ帰ったときに、
某有名メーカーのラップがあったので使ってみました。

 

ふだん自分で使っているラップと比べると、
ビニールの厚みがあって、食器にビシッと貼り付きました。

 

しかし、クオリティーは高かったのですが、
表示を見ると、添加物が使われています。

 

脂肪酸誘導体の柔軟剤、
エポキシ化植物油の安定剤が使われていました。

 

 

ラップの添加物で脂肪酸エステルなどの
「曇り防止剤」が使われているものは要注意です。

 

曇り防止剤が使われているラップを金魚鉢に入れたら、
金魚が死んでしまうということがありました。

 

 

ほかにもラップは使用後にゴミとして捨てられ燃やされると、
ポリ塩化ビニルやポリ塩化ビニリデンが原材料として使用されているものは、
塩化水素などの有害物質が発生し、環境汚染につながります。

 

よく環境問題でいわれているダイオキシンのことです。

 

 

 

使用上の注意点は、どのラップにも注意書きがあると思いますが、
電子レンジで加熱する場合、直接食品を包まないことです。

 

特に天ぷらやフライなどの油物は
添加物が混入しやすいです。

 

天ぷらやフライなどは深めの耐熱容器に入れて、
直接食品に触れないようにラップを容器にかぶせて使用しましょう。

 

 

 

僕はポリエチレンが原材料の無添加ラップを使っています。

 

食器に対する粘着力は少し弱いですが、
ラップとしての機能は十分果たせます。

 

耐熱温度は塩化ビニリデンのラップは140度で、
ポリエチレン製のラップは110度ですので、
若干耐熱性は低いですが、
直接食品に触れないように使用していれば問題ありません。

 

ただし、原材料がポリエチレン製でも、
添加物を使用しているラップもありますので、
表示をよく確認して選んでください。

 

 

 

いつも応援感謝いたします。  
 

応援ありがとうございます。